非居住者による通関 IOR/EOR

非居住者を輸出入申告者とする通関の留意点 Points to be considered for Non-Resident Importer/Exporter of Record

英文は本文の後です English page  after Japanese Text

要点:
A、税関事務管理人選任、通関業者選任、(国税通則法「納税管理人」選任)
B、輸入貨物の関税率表の分類及び申告価格決定
C、他法令
3点を認識し、解決する必要がある。

Aについて
1、税関事務管理人選任手続き
選任ついては、様式行為であり税関が提出を求める、
イ、「非居住者」の登記証明書又は相当する証明書個人は住民登録票並びに法人は法人登記簿及び代表者指名を疎明する役員会議事録)
ロ、管理人等に対する委任状、
ハ、参考資料として商流と決済等資金の流れを説明する資料を

税関様式「税関事務管理人届出書(C-7500)による届出書に添えて提出することで足る。
届出が受理されてから2週間ほどで登録が完了するというのが通例と思われる。
なお、非居住者である申告者については、登録担当部門から輸出入者符号担当部門に情報が引き継がれ、付番され、税関事務管理人に通知されるのが通例である。

2、通関業者選任手続き
当社作成の英文併記委任状で足る。依頼者が自らの委任状としたいする場合は管理部に内容確認をされたい。
3、納税事務管理人選任手続き
当該手続きについては不知のため割愛する。
なお、納税管理人については国税通則法第117条に規定されており、保税地域からの外国貨物引取に係る税務手続きを除く、国税について管理する者であり、非居住者が輸入通関済みの内国貨物を転売する際の消費税手続き、輸出貨物に係る消費税戻し税手続き等を管理する者である。

Bについて
1、「現実支払価格」が受諾されないことが想定される理由
(1)関税定率法第4条本文は課税価格決定の原則として、日本に所在する買手と売手との取引価格を課税標準としている。
従って、非居住者が売買によらず便宜移転価格で社内処理をしている場合移転価格は現実支払価格として認められない。
(2)非居住者が自らを買手として第三者である売手から輸入貨物を購入した場合であっても、買手である非居住者が日本に所在しないため、課税課価格決定の原則を充足せず、当該取引価格は課税標準として認められない。
一点注意を要する点は「本邦に輸入貨物が到着する前に非居住者と本邦の買手との間において輸入取引が完結している。」事例の場合、当該取引価格が関税課税標準の基礎となる。従って、取引当事者を規律する法形式(契約書等)の内容を十分検討したうえで導入する必要がある。

2、課税価格決定の原則が認められない場合の課税価格決定方式
関税定率法は第4条の原則が適用できない場合、順次「同種類似」、「原価積算」或いは「再販価格からの減算方式」、更に「その他合理的な方法」を用いて課税価格を決定すると規定」している。
以上にあって、税関当局は検証の観点から「再販価格からの減算方式」を受け入れやすい決定方式としている。 この場合の再販価格とは、実際の再販価格を言い、販売予定価格等見込み価格は認めなられない。
「再販価格からの減算方式」では、再販価格から、輸入時に関税、貨物の日本到着後の通関料金等を含む物流費用、販売管理費、適正利益等を原産した価格を課税価格とするものである。この算定にあたって申告納税者である非居住者は疎明資料の提示及び説明を求められ、これがいわゆる“関税評価”と言われる部分であり、税関への相談と交渉が求められる。
この相談と交渉においては、関税関係法令知識及びその実践経験はもとより、法人税・消費税等国税関係知識、インコタームスの知識に加え取引当事者を規律する法形式に熟知した、いわゆる”コンサルタント“が必要な場合がある。

3、価格未決定による許可前引取の場合の留意点
前述「2」のとおり、税関との交渉には取引関係資料提出と内容説明、交渉が伴うため数か月の時間を要する場合がある。このような場合、「価格未決定による許可前引取」という制度の利用はかのう可能であるが次の点に留意しておくことが必要である。
(1) 価格未決定とは言え、輸入納税申告は行うので妥当な貨物価格を算出する必要があり、この暫定価格算出根拠を明確にしておかなければならない。
(2) 前記(1)の暫定価格が容認された場合、この価格に基づき納税額が算出される。許可前引取であるから納税は行わないが、申告者納税者である非居住者は納税額に安全率として1乃至2割を上乗せした納税額相当額をカバーする担保を税関に差し出さなければならない。担保は一般に銀行等金融機関の保証書によるため、非居住者がこれを入手できるか否かが許可前引取の制度を利用できるか否かを決めることになる。

Cについて、
関税法は“税関事務管理人の選任”を要件として非居住者を輸出申告者・輸入申告(納税)者として認めているが、外国為替及び外国貿易法(外為法)輸出・輸入貿易管理令、薬事法(改正後名称は長いので旧法名)及び食品衛生法等々は、条文上明確に非居住者を排除はしていないものの、輸出入者は各法令による輸出入許可・承認の申請者は居住者でなければならないとの公式見解を当局は表明している。
従って、非居住者が他法令該当貨物を輸出入する場合、積み出し又は国内引取が行えるか不確実であるということを認識しておく必要がある。

但し、国内法令の規制が適用される貨物であっても、非居住者が税関事務管理人を輸出入代理人に指名した場合、当該税関事務管理人が非居住者に代わって輸出入を行うことが可能である。この場合、税関事務管理人が輸出入に係る法的履行責任を負うこととなる。

Points to be considered for Non-Resident Importer/Exporter of Record

Summary:

The following three points are required to be reviewed.

  1. Appointment of Customs Affaires representative (“CAR”) or Appointing a Customs Agent (“CA”) as importer/Exporter of Record (IOR/EOR) (An appointment of tax agent is required);
  2. Determination of customs values (“CVs”) and HS Codes of the imported products; and
  3. National laws and regulations for the products to be imported into Japan.

A-1 Appointment of CAR

  • Preparation of the customs form C-7500;
  • Letter of Appointment of CAR; and
  • Transaction flow chart/

An official acceptance may be done within two weeks after the submission of documents required for the appointment of CAR. A Non-Resident (“NR”) who will be a declarant (IOR/EOR) under the CAR scheme is informed of unique declarant number by an applicable customs office via CAR.

A-2 Appointing CA as IOR/EOR

Preparation of C-7500 and a letter of Appointment of CAR

A-3 Appointment of Tax Agent

Article 117 of the Act on General Rules for National Taxes stipulates details of procedures when the imported goods are withdrawn from a bonded area. The Tax Agent assumes risks and responsibilities of NR who imports goods into Japan and sells them to customers in Japan in relation to the treatment of input and output consumption taxes.

B-1 Reason for the rejection of transaction values

  • Under the provision of Article 4 of the Japanese Customs Tariff Law (“JCTL”), transaction values to be accepted as CVs must be between a buyer who is a resident of Japan and a seller. Therefore, transaction values between NR and a seller or transfer prices between NR and its affiliated company in Japan cannot be used as CVs.
  • In cases where NR purchases goods from unrelated vendors and imported them into japan, the transaction values between them cannot be used as CVs sine NR is not a resident of Japan as buyer.

An important point to be considered is that if the sales in question is completed before the imported goods arrive in Japan between NR and a buyer in Japan, the transaction values between them become CVs. It may be highly recommendable to review all business arrangement and their related legal formalities before implementing NRIOR/EOR scheme.

Valuation Methodology for the Rejection of Transaction Value

JCTL regulates that the CVs shall be the transaction value of identical or similar goods sold for export to Japan and exported at or about the same time as the goods being valued, or deductive value or a fall back method if JCTL, Article 4 cannot be applied to the imported goods.

Based on the past negotiation records, the deductive value method (“DVM”) is the most acceptable method for Japan Customs (“JC”). Under the DVM, JC uses the unit price at which the imported goods, or identical or similar imported goods are sold in the greatest aggregate quantity, at or about the time of the importation of the goods being valued, to persons who are not related to the person from whom they buy such goods, subject to the deduction for the following:

  • Either the commission usually paid or agreed to be paid or the additions usually made for profit and general expenses in connection with sales in Japan of imported goods of the same class or kind;
  • The usual costs of transport and insurance, and associated costs incurred within Japan; and
  • The customs duties and other national taxes payable in Japan of importation by reason of the importation or sale of the goods.

Besides the aforementioned items, tax filings, financial data and other documents that JC requests must be prepared to determine CVs under the DVM.

Points to be considered for the Withdrawal of Goods before Import Permission

As several months are required to finalize the negotiation with JC, the following matters are considered.

  • Determination of tentative CVs to be used for the imported goods during the period of the negotiation; and
  • When the tentative CVs (“TCVs”) are determined, an importer must tender securities which are equivalent amounts of duties and consumption tax payable plus 10 to 15 % mark-up of the TCVs. An importer usually submits a bank guarantee.

As for C above

Although the Japanese Customs Law permits NR to be IOR/EOR, an official statement has been already announced that NR cannot be IOR/EOR if the goods to be imported or exported are subject to laws and regulations pertaining to import of goods from foreign countries.

However, if NR appoints a CAR in Japan as its IOR/EOR, CAR can perform functions of IOR/EOR.

投稿者: mark

Logistics consulting for import and Japan domestic warehousing and distribution